矢田亜希子「赤い博物館2」が可愛いけど現在は劣化した?【画像】

矢田亜希子さんと言えば、中学2年生の時、原宿でスカウトされて芸能界に入り

1995年のドラマ「愛していると言ってくれ」女優デビューを果たした存在です!

その矢田さんが7月10日に放送されるTBSの2時間ドラマ

「赤い博物館2」に出演するそうですね。

また矢田さんはビジュアルの良さから可愛いと言われていますが

現在は劣化したのではとも噂されているようです。

ではその詳細に、彼女の画像を交えて迫っていきましょう!

Sponsored Link

矢田亜希子が「赤い博物館2」に出演!

矢田亜希子 赤い博物館
矢田亜希子さんが出演する「赤い博物館2」は昨年放送の「赤い博物館」の続編です!

過去の事件の捜査資料や証拠品を収蔵する警視庁付属の犯罪資料館、

通称赤い博物館の館長を務める

緋色冴子(松下由樹)と同じく赤い博物館に勤務する寺田聡(山崎裕太)が

26年前と同じ状況の事件に遭遇し謎を解いていくというストーリーとなっています。



矢田さんはこの中で新聞記者の藤野純子役を演じて

事件を捜査する警察と大衆との橋渡し的役割を担っているとのこと。

記者と言うのは、さまざまな現場に脚を運んで情報を獲得しますから

その過程で現場の人間、ここで言う刑事と親しくなることもあります

あまりなれ合いになるのはいけませんが、正確な情報を手に入れるには

現場の人間と仲良くしないといけないですから藤野としても積極的に

緋色や寺田とつながるんでしょうね!(笑)

私も自分がやっていることがきっかけで誰かと

交友関係を持つようになったことがありますから

その点は藤野の気持ちに入り込みやすい気がします。

矢田さんが演じる役は事件を直接解決する人間ではないですが

それでも何かしらの捜査の助けになることをしゃべるんじゃないでしょうか?

一体どんな展開になるのか注目したです!!

 

矢田亜紀子が可愛い件について!

矢田亜希子 可愛い
矢田さんはスカウトされて芸能界に入ったわけなので上の画像を見れば

誰しもが「可愛い」と言うはずです!

30代に入ってからは若さからくる可愛らしさだけじゃなくて

年齢を重ねてきた上での落ち着きがある可愛らしさも出てきているような気がしますね。

矢田さんは髪が肩を超える長めのイメージがありますが

個人的にはショートヘアでボーイッシュな雰囲気も良いんじゃないかと思っています。

まあ、完全に妄想の世界で言っているんですけどwww。

念力で彼女がショートヘアにしたくなるようにするなんて出来ないので

ただただ短めの髪になるのを願うばかりですね!

落ち着きがある「可愛い」は誰が見ても惹かれるものでしょう!!(笑)

Sponsored Link

矢田亜希子は現在劣化したの?【画像】

矢田さんが可愛いという話を書いた後にこんな話題を取り上げるのは気が弾けますが

ネット上でも話題になっていることなので書いておきます。

それが「矢田亜希子が現在劣化したんじゃないか?」というもの!

これは実際に見てみないとわかりませんから検証してみましょう。矢田亜希子 現在 劣化

こちらはドラマの告知CMの映像からスクリーンショットした矢田さんです。

見て頂くと目の下のクマが強く出ていてかつ、ほうれい線も目立っているので

確かに劣化したを言われても仕方ない気がします。

あと口角から斜めにたるみがあるのもわかるので

20代の頃を知っている方からするとやはり劣化した言わざるを得ないんでしょう。

ただ矢田さんは現在38歳ですから、そりゃあ肌の張りもどんどん失われていくでしょうし

しわやたるみが出てくるのも自然な老化現象ですから

あまり深刻に捉える必要はないのかなっと思いますね!(笑)

気にしすぎないことが重要じゃないでしょうか?

どんな人も老化するわけですから、自分が憧れていた人が年齢を重ねて

劣化したと思っても、人間だけじゃなくて生物すべてに当てはまるので

気にしてもしょうがないですよ。

私にはそう感じられてならないです!!

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます!

赤い博物館2の山崎裕太がイケメン!現在は結婚している?【画像】


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ