駒井蓮はかわいいけどカップや高校は?双子で誘拐された?【画像】

駒井蓮さんと言えば、2014年から活動している女優で

フジテレビ「スカッとジャパン」に出演したことで一躍注目を集めた存在です!

その駒井さんは若手女優だけあってかわいいんですがカップはどのくらいなんでしょうか?

また通っている高校はどこなんでしょうか?

ではその詳細を、画像や双子疑惑、

そして誘拐されたことがあるという噂を含めて明かしていきましょう!

Sponsored Link

駒井蓮はかわいいけどカップはいくつなの?【画像】

駒井蓮 かわいい カップ
駒井蓮さんは上の画像を見るとわかる通りめちゃくちゃかわいいです!

美少女という言葉がそのまま当てはまる女性だと思います。

そんな駒井さんのカップがどのくらいなのかを知りたくなるのは自然なことですよね(笑)

結論を言うと









カップはBかCくらいだと思われます!!

残念ながらカップ自体は公表されていなかったので見た目で推測しました。

駒井蓮のカップ画像

この画像を見る限りカップはBかCじゃないでしょうか?

もちろん勝手な予想なので正しい保証はありませんからご了承を!

駒井さんの出身地である青森県の平均カップはBなので平均と同じか

やや大きいということになります。

もしカップがD以上だったらほぼ確実にグラドルでも活躍していたでしょう。

今後も、自信のビジュアルを最大限生かして

主演を張れるような大女優になって欲しいですね!!(笑)

 

駒井蓮の高校はどこなの?

駒井蓮 高校
そんな駒井さんは2000年12月2日生まれの16歳で現在高校2年生です。

となると、どこの高校に通っているのか気になるところです。

結果を言ってしまうと









日出高等学校です!!

芸能人御用達の学校ですね。

日出高校は東京都目黒区目黒一丁目6番15号にある私立中高一貫校の高等部門

堀越高校と同じく芸能コースがある教育機関となっています。

やはり芸能活動を考慮すると必然的に芸能コースがある高校に通うことになるんでしょう!

不規則に仕事が入ってくる中でちゃんと毎日学校になんて行けないですからね。

クラスの中には自分と同じ立場の芸能人がいるわけなので

妄想として、美男美女が多そうな学校に思えてしまいますwww。

実際、一般の高校よりはかっこいい男子、かわいい女子が多いでしょうけど、、、、。

芸能人と同じ学校に通いたくて日出に進学する人も中にはいるかもしれません!

それくらい魅力的な高校だと思います!!(笑)

Sponsored Link

駒井蓮は双子で誘拐された?

駒井さんえお検索すると「双子」「誘拐」といった関連キーワードが出てきます。

早速その真相を解き明かして行きましょう!

まず「双子」について。

これは事実です!!

駒井さんは4人姉妹の3番目で4番目の妹と双子なんだそうですよ。

駒井蓮 双子 誘拐
こちらが双子で撮った写真です。

似てるということは一卵性双生児ということだと思います!

卒業証書を持っているので地元の弘前大学教育学部付属中学校での一枚でしょう。

さすがに双子で同じクラスではなかったでしょうけど

冗談じゃなくて、同級生のみならず

学校中に知れ渡っている双子美人として有名だったに違いありません。

今でもモテまくりの学校生活でしょうね!

続いて「誘拐」について。

これは事実ではありません!!

とは言っても「現実に誘拐されたわけではない」と言う意味であって

誘拐されたことはあるようなんです。

実は駒井さんは2016年10月から放送されていたドラマ

「キャリア〜掟破りの警察署長〜」で南めぐみ 役を務め、

その中で誘拐されるというシーンを演じたことがありました。

駒井蓮 双子 誘拐
これがその時の画像で迫真の演技を披露していたそうです!

現実で誘拐事件なんて起きていたら、

今の時代、確実にテレビやネットで騒がれているはずですから

実際の事件じゃないのは当然でしたね。

ただ検索結果で「駒井蓮 誘拐」と出てきたらドキッとなってしまうのも事実です。

この単語だけ見たら完全に

「駒井蓮と言う人物が現実に誘拐されたことがある」もしくは

「駒井蓮と言う人物が誘拐をしたことがある」と勘違いしてしまいますよ!!

なんとも紛らわしいキーワードだと思います。

まあ、ちゃんと記事を読めば現実のことじゃないのはわかるんですけどね、、、、。

 

駒井さんと同じく若手女優の記事はこちら!

永野芽郁の高校は日出で彼氏は坂口健太郎?かわいい水着画像!

吉本実憂は乃木坂の生田絵梨花に似てる?カップや水着画像を公開!


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ