Coccoの歌詞が怖いのは拒食症と言う病気のせい?息子がいる!

シンガーソングライターのCoccoさんと言えば人間の負の一面を

表した歌詞が印象的ですが、その理由が拒食症と言う病気だと言われています!

今回はその噂が本当かどうかか検証するとともに

息子さんの存在についても調べてみたことを紹介したいと思います!

Sponsored Link

Coccoの歌詞は怖いらしい!

 

cocco
Coccoさんは沖縄県出身の39歳で2006年ごろから現在の名前で活動し始めていました!

そのCoccoさんの書く歌詞が怖いと話題になっています。

では実際に彼女の代表曲である「強く儚い者たち」の歌詞を見てみましょう。

だけど飛魚のアーチをくぐって
宝島に着いた頃
あなたのお姫様は
誰かと腰を振ってるわ

人は強いものよ
とても強いものよ

そうよ飛魚のアーチをくぐって
宝島がみえるころ
何も失わずに
同じでいられると思う?

きっと飛魚のアーチをくぐって
宝島に着いた頃
あなたのお姫様は
誰かと腰を振ってるわ

人は強いものよ
そして儚いもの

出典:Cocco公式HP(一部を抜粋)

読んでいただけるとわかると思いますが

「あなたのお姫様は誰かと腰をふってるわ」の部分が

余りに強烈さを感じてしまいますね!

歌詞そのものも怖いですが、こんな文章を歌詞にしてしまうCoccoさんは

もっと怖いと思います。

最後の部分で「人は強いものよ そして儚いもの」と言っているからには

愛や恋なんてものは永遠のものじゃなくて常に移り変わるものだと捉えているんでしょう。

だから、昨日まで自分を好きでいてくれた人が

次の日には別の誰かと関係を結んでしまうものなんだと

coccoCoccoさんは強く確信している気がします!

なんだか寂しいですね。

実際、世の中がそうだとしても

それだけを見過ぎて歌詞にまでしてしまうのは怖ろしいと思います。

もっと明るいことだってこの世にはありふれているんですから

今後の活動ではもう少し希望を持てる歌詞を書いて歌って欲しいですね!

怖い歌詞は不気味すぎますよ!!

最後に「強く儚く者たち」のPVを見て頂きましょう



 

Coccoの歌詞が怖いのは拒食症という病気のせい?

果たしてCoccoさんが怖い歌詞を書くようになった理由は何なのか?

その一つが拒食症という病気だと言われています!

拒食症とは摂食障害に含まれその名の通り「食べることを拒む病気」です。

正しくは「神経性食欲不振症」という病気で

過度なストレスや無理なダイエットを繰り返した結果、

自分の意志とは関係なく体が食物を受け付けなくなります

拒食症になった理由は以下のようなものだったようですね。

いつも男の子と遊んでいたCoccoさんにとって、

中学生に上がって頃には、だんだんと男と女の体の違いに

変化が出てきたことにより違和感を感じたと言われています。

最初の原因がこの違和感となり「拒食症」なったと言われています。

出典::Coccoと拒食症の本当の原因は?自傷行為の画像がヤバい!本名は? |…

つまり「男」と「女」の違いに気づいてしまったことが原因だったんでしょう!

私の場合は男女の違いに気づいたから何かあったと言うことはないので

女の子とあまり遊ばなかったということですかねwww。

冗談はさておき、Coccoさんは「男」に変わって欲しくないという願望

飲まれたのかもしれません。

怖い歌詞は拒食症そのものが理由ではなく拒食症になった原因にあったみたいですね。

8月19日放送のMステに出演されるからには症状は改善されているはずですから

かつてと変わらない歌声を響かせてほしいと思います!!

Sponsored Link

Coccoには息子がいる!

拒食症を克服したCoccoさんは1994年に息子を出産されています!

現在は22歳前後になりますが、名前や最近の写真は公になっていないですね

ただ、映画「大丈夫であるように」に親子で出演されたときの画像がありましたので

お見せしたいと思います。

coccoめちゃくちゃ可愛いですね!(笑)

今はイケメンになっていると思います!!

気になるのは父親ですがCoccoさんは結婚されていません。

つまり未婚の母です。

旦那さんは出身地沖縄のプロボクサーではないかや

すでに他界されているとの情報がありますが

本当のところは判明してないです。

Coccoさんの遺伝子が受け継がれているので

息子さんにもアーティスティックな一面があると思います。

ぜひ彼にも歌手になって欲しいですね!!

 

f2ier1wx

 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ