イエモン「砂の塔」の発売日と歌詞とPV&意味と解釈を考察!

THE Yellow Monkey、通称「イエモン」さんがmドラマ「砂の塔」のために書き下ろした

新曲「砂の塔」を10月21日放送の「Mステ」で熱唱します!

果たしてその発売日は一体いつなんでしょうか?

また歌詞の意味や解釈はどういったものなんでしょうか?

では詳細をPVと共に明かしていきましょう!

Sponsored Link

イエモン「砂の塔」の発売日はいつなの?

イエモン
イエモンと聞くとお茶の「伊右衛門」を思い浮かべてしまいます(笑)

まあそれは置いといて、イエモンさんは88年に結成したロックバンドで

これまでに1008万枚のCDを売り上げている存在です!

01年に活動を休止して、04年にいったん解散しました。

ただ今年1月に再結成し16年ぶりの全国ツアーも発表しています。

そのイエモンさんが10月期のドラマ「砂の塔」おの主題歌を書き下ろしたんです。

曲のタイトルはドラマと同じ「砂の塔」

じゃあ発売日はいつなんでしょうかね?

ファンにとっては16年ぶりに新曲を聞けるとあって熱い視線を集めていますが

結果を言うと







10月19日です!

もう発売しています(笑)

早く買いに行かないといけないですねwww。

初回限定版通常版があるようなので

限定版を欲しい方はお早めに購入してください!

タワレコに直行ですね!!(笑)

 

イエモン「砂の塔」の歌詞とPVを公開!

イエモン
「砂の塔」の発売日がわかったところで

今度は歌詞そのものにスポットを当ててみましょう。

では先にPVをご覧下さい。



ドラマがサスペンス系だけあってシリアスなテンポの曲になっていますね!

菅野さんと松嶋さんのやり取りが頭に思い浮かびます(笑)

次に歌詞をどうぞ。

イエモン

イエモン

さらっと読んだだけで「砂の塔」のために書き下されたのがわかりますね!

ホントにドラマのための曲だと思います!!

Sponsored Link

イエモン「砂の塔」の歌詞の意味と解釈とは?

歌詞が判明したので今度はその意味や解釈を考えていきます。

見やすいようにもう一度歌詞を下に載せておきますね。

イエモン
i

もうタワーマンションに住む人達のことを歌っておるのが

ありありと伝わってくる歌詞だと思います!

この歌詞だけでドラマの内容が大まかにわかってしまいます。

1段落目の「そこに住めばどんな願いも叶うと言われる愛の城」は

完全に「高級タワマンに住むことがステータス」であるということを意味していますよね!(笑)

けどその中にあるのはどす黒く渦巻く人間関係なんだと語りかけているように感じます。

「笑顔はハロウィンのパンプキン」なんてまさに「愛想笑い」の事ですからねwww。

また3段落目の「積み上げた喜び」は

タワマンの高層階を手にいれたときの快感と考えると良いかもしれません。

「上に行くほど傾いた塔」「安定しない」は上層階に行くほど軋轢が大きくなることを

意味していて、特にママ友たちの小競り合いが増えてくるということなんでしょう!

例えば、高層マンションの1階に住む人は引け目を感じている場面が実際多いでしょうから

争いを自分から起こそうとは思わないはずです。

まあ別に引け目なんて感じずに堂々と一階に住めばよいんですけど、、、。

一般的には高層階の方が人気でそれを手に入れた人の喜びも大きく

高いところに住むことで「自分は偉いんだ!」という錯覚を起こしてしまうことも

少なからずありうると考えられます。

そんな住人のおごりを捨てさせるために「太陽に近い」「天国に近い」

最後に言っているように感じました!

「誰よりも高い場所から 誰かにこっそり見られたい」という部分に

最上階に住む人の心の葛藤があるようにも見えます。

個人的にはタワマンにずっと住みたいとは思いませんが

経験として数年くらい住んでみるのは良いかなと考えています!(笑)

その前にまずお金をためないとwww。

 

他の出演者の方の記事もあるのでぜひご覧ください!

嵐「Don’t You Get It」の歌詞の和訳と意味とは?

SexyZone「よびすて」の歌詞と意味&解釈とは?【動画】

木村カエラ「向日葵」の発売日と歌詞の意味・解釈を公開!【動画】

f2ier1wx


Sponsored Link

One Response to “イエモン「砂の塔」の発売日と歌詞とPV&意味と解釈を考察!”

  1. 原田隆史 より:

    あの、歌詞の意味なんてドラマ見てりゃ分かりますんで。それよりも知りたいのは『砂の塔』の「PV」の解釈なんですよ。これじゃタイトル詐欺じゃないすか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ