西野カナ「Dear BRIDE」の歌詞の意味と解釈は?【PV】

西野カナさんが10月28日放送の「Mステ」で今月26日リリースの

ニューシングル「Dear BRIDE」を披露します。

はたしてこの曲の意味は何で解釈はそうすればよいんでしょうか?

では詳細をPVを含めて迫っていきましょう!

Sponsored Link

西野カナ「Dear BRIDE」の歌詞とPVを公開!

西野カナ
西野カナさんは三重県松阪市出身の27歳

1989年3月18日に生まれています!

彼女は16歳の時に、

母親が応募した「スーパー・ヒロイン・オーディション ミスフェニックス」で

歌声を披露して見いだされ。

06年にSMEレコードと契約し、08年2月にメジャーデビューしました。

その西野さんが10月28日の「Mステ」で「Dear BRIDE」を熱唱するんです!

ではどんな曲なのか実際に聞いてきましょう。



はじまりが「お祝い事」って感じがしますね!

曲名からして結婚に関する歌なんでしょうけど

誰がどんな立場で歌っているのか探ってみるとより味わい深くなりそうです。

続いて歌詞をどうぞ。

西野カナ

西野カナ

西野カナ

かなり歌詞が多いので長い曲ですね。

いろんな人の気持ちが込められているのが読み取れます!!

どんな意味や解釈なのか次で明かしていきましょう!!(笑)

Sponsored Link

西野カナ「Dear BRIDE」の歌詞の意味や解釈とは?

わかりやすいようにもう一度歌詞を載せときますね。

西野カナ
西野カナ
西野カナ
まず私が思ったのはこの曲は4人の気持ちが込められているということです!

一人は結婚する自分、二人は自分を客観的に見ている自分、

三人は結婚相手の男性、四人は自分の友達

1段落目の中には「君を」とありますから、結婚相手の気持ちと考えてしまいそうですが

内容を読むと「大きな夢をかなえる君を誇りに思う」と短くできるので

明らかに祝う立場の人間の言葉です。

そして自分の友達のことを「君」と表現するのは不自然なので

「自分を客観的に見てる自分」ということになると思います!

つまり幽体離脱して自分を見ている感覚ですね(笑)

2段落目はまさに結婚式を執り行おうとしている自分の気持ちを

素直に表しているんじゃないでしょうか?

でその次に、今度は結婚相手の男性が

花嫁のドレスの美しさに見とれてしまっている様子

ありありを描かれて簡単に場面を想像できますね!(笑)

一枚目の下から2段落目で、幽体離脱の自分の気持ちを歌った後

その後には、友達の祝福の気持ちが言葉になって表されているようです。

ただここは「たまには私にも付き合ってね」とあるので

もしかしたら友達だけじゃなくて、

結婚する前の過去の自分からのメッセージでもあるのかもしれません。

友達と、その友達と気軽に遊んでいた過去の自分が

寂しがっている様子も感じ取れます!

今の解釈は2枚目の中盤に出てくる

「私の大事な友達だから」にも表れているような気がします。

結婚した自分と結婚する前の自分を別人格としてとらえて

その別人格が友達と同じような関係性で、

今の自分を支えてくれている情景が思い浮かびました。

最後の「笑顔が自分のことみたいに嬉しい」は

花嫁を見ている「結婚相手、友達、客観的な自分」からの

気持ちが込められているんだと思います!

タイトル「Dear BRIDE」は直訳すると「親愛なる花嫁様へ」となるので

まさに曲名にマッチした自分以外の人からの温かいメッセージが込められた

最後の歌詞になっているんでしょう!

そんな思いがこみ上げてきて仕方ないです!!(笑)

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます!

JUJUは美脚だけどすっぴん画像はどう?年齢や本名も公開!

木村カエラ「向日葵」の発売日と歌詞の意味・解釈を公開!【動画】

Coccoの歌詞が怖いのは拒食症と言う病気のせい?息子がいる!

aimerがMステ初出演で顔出し!蝶々結び他おすすめランキング

f2ier1wx


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ