秦基博「70億のピース」の歌詞の意味・解釈とは?【PV】

秦基博さんが10月28日放送の「Mステ」に出演して19日にリリースされた

デビュー10周年記念シングル曲「70億のピース」を熱唱するようです!

一体歌詞はどんなもので意味や解釈はどうすればよいんでしょうか?

ではPVを交えて迫っていきましょう!

Sponsored Link

秦基博「70億のピース」の歌詞を公開!【PV】

秦基博
秦基博さんは宮崎県生まれ神奈川県育ちの36歳で

1980年10月11日に生まれています!

彼は中学生の時から作曲を行って高校生になると本格的に

楽曲作成をするようになりました。

99年から活動しており、06年に「シンクロ」でメジャーデビューしています。

その秦さんが28日の「Mステ」に出て「70億のピース」を歌うんです。

早速曲のPVを見てみましょう(ショートバージョン)



ゆったりとして曲調の歌ですね!

この季節にはぴったりだと思います。

続いて歌詞をどうぞ。

秦基博

さっと読んでみて、世界平和を願う曲なのかなと感じます。

平和を嚙み締めないといけませんね!

Sponsored Link

秦基博「70億のピース」の歌詞の意味と解釈とは?

わかりやすいように歌詞をもう一度載せますね。

秦基博
まず歌詞を読んでいて思うのは

「人は日常をなんとなく生きていることが多い」ということですね!

朝に知った悲劇的なニュースをふと思い出すけど

「他人事だと思ってすぐに忘れてしまう」という現実を

突きつけられているように感じます。

70億のピースというのは紛れもなく世界人口のことで

海外には紛争や弾圧で「愛の歌が届かない」人がいるんだと

思い知らされてしまいます。

また、1つ1つのピースは誰かと必ず上手くはまるんだけど、なかなかその相手が

見つからない状況が続いていることを示しているんでしょう!

でも、はまらなくても、歌詞通り「寄り添うことはできる」は出来ると

救いを呼びかけているのが伝わりますね!(笑)

2番では、最初に身近な危険を匂わせていています。

「半径5メートルもままならない」というのは「次の瞬間、自分や自分を支えてくれている人が

事故や事件に巻き込まれて死んでしまうかもしれない」ことを

暗示しているんじゃないでしょうか?

小さな幸せを噛み締めたいけど、不運は突然やってくるのが怖く感じてしまいます。

もしそうなった時のために普段から

「生きていることの実感を持っておくこと」が大切なんでしょう!

まさに「もしかしたら大切な人と急に

離れ離れにならなくちゃいけない時が来るかもしれないから

なんとなく生きるのは止めなくちゃいけないよ!」と呼びかけているんだと思います。

いつか「70億のピース」がきっちりはまるときがよいですね!!(笑)

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます!

岡崎体育「VOICE of HEART」の歌詞の意味と解釈!

平成ジャンプ「ファンタスティックタイム」の歌詞と解釈!【MV】

AAA「涙のない世界」の歌詞の意味と解釈を考察!【PV】

サカナクション「多分、風」の歌詞の意味と解釈とは?【PV】

秦基博


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ