西野カナの「パッ」の歌詞は酷い?意味や解釈を考察!【動画】

西野カナさんと言えば若い女性に絶大な人気を誇っている三重県出身の

女性アーティストで、5月12日放送のMステに出演することが決まっている存在です!

今回披露する曲は4月26日YOTUBE上でも公開された「パッ」です。

なんだか曲名が、気を失って途中の状態で出来た感じがしてしまいますね(笑)

そんな「パッ」の歌詞が酷いと言われているようですが本当なんでしょうか?

では、公式動画を紹介しつつ歌詞の意味や解釈に迫っていきましょう!

Sponsored Link

西野カナの「パッ」の歌詞は酷いの?【動画】

西野カナ パッ 歌詞 酷い
西野カナさんは恋心を歌わせたら

日本一じゃないかと思うくらい多くの女性に支持されています。

その彼女が出した新曲「パッ」の歌詞が酷いと噂されているんですが事実なんでしょうか?

まずはYOUTBEの公式動画を見てみましょう!



続いて歌詞をご覧ください。

西野カナ パッ 歌詞 酷い

西野カナ パッ 歌詞 酷い

西野カナ パッ 歌詞 酷い

西野カナ パッ 歌詞 酷い

いかがでしょうか?

公開が4月26日で、桜が散り新生活が始まってしばらく経った時期に合わせた曲調で

ポップな仕上がりになっています!(笑)

もしこの時期にバラードとかだったら変な感じがしちゃいますねwww。

歌詞が酷いとネット上で言われているみたいですが

私自身は特に違和感は無いですし、酷いとは思いません。

純粋にわかりやすい言葉で新生活が始まったOLの一日を表した歌詞ではないでしょうか?

酷いと考えた方はおそらく、「仕事に追われる日常を言葉にしただけで

何の深みも無いし心に響かない」と言う視点だから酷いと表現したのかもしれないですね。

個人的に歌詞の真意はともかく、わかりやすい歌詞の方が好きですよ!!

考えさせる歌詞じゃないと曲を聴く側の想像力が育たないと危惧している可能性もあります。

あまり深刻に考えなくても良いと思うんですけどね、、、。

 

西野カナの「パッ」の歌詞の意味とは?

西野カナ パッ 歌詞 意味
西野さんは「パッ」の中で気持ちを素直に表現しているので

歌詞の意味と言われても「そのままですよ!」と言いそうになります。

ただ一軒歌詞の通りの意味に思えても実は別の意味を込めている場合があるので

それを考えていきましょう。

もう一度歌詞をのせておきますね。

西野カナ パッ 歌詞 酷い
西野カナ パッ 歌詞 酷い
西野カナ パッ 歌詞 酷い
西野カナ パッ 歌詞 酷い
歌詞中に「パッ」というフレーズが6回出てきていて

「炭酸みたいにハジけたい」と何度も言っています。

これは日々の仕事の疲れを炭酸みたいにシュワシュワした感じで

弾けさせて疲れを取りたいという意味だと考えられますね!

私以外の人でもそういう意味だと捉えるんじゃないでしょうか?

ホントに素直に歌詞を受け止めるとそうなります。

また「Baby」という単語が何回も出てきました。

Babyの意味は「赤ちゃん」以外にも家族の中での末っ子や

軽蔑の意図がある「幼稚な」と言う意味があります。

さすがに軽蔑の意図を歌詞に込めるとは考えられませんから

「幼稚な」という意味では無いでしょう!

またアメリカの口語では、こちらは時には蔑称的な意味で「女」という意味があるそうです。

ただ普通に使う分には「魅力的な女性」を意味するので

歌詞中の「Baby」は「魅力的な女性」を意味していると思います。

本当のところは西野さん本人に聞いてみないとわからないので

この辺にしておきますねwww。

Sponsored Link

西野カナの「パッ」の歌詞の解釈とは?

西野さんが「パッ」の歌詞に込めた意味は基本的に1つですが

解釈は曲を聞いた人それぞれのとらえ方なので千差万別です。

あくまで個人の意見として読んでくださいね!

先ほど上で、「炭酸みたいにハジけたい」という歌詞について意味を考察していましたが

個人的には「疲れを取りたい」とか「癒されたい」ではなく

「このつらい日常から抜け出して解放されたい」という

気持ちが入っているんじゃないでしょうか?

憧れの都会生活を夢見て大企業のOLになってみたものの

現実はつらいことばかりで休みの日でも心が休まらない状態を

歌っているんじゃないでしょうか?

一見、明るい雰囲気の曲に思えて

実はドロドロした気持ちが入っているように思えてなりません!

私自身、田舎に住んでいるので都会へのあこがれと言うものは少なからずあります。

だからその思いが強すぎると

現実とのギャップがありすぎて耐えられないのかもしれないですね。

丸の内のOLさんとかでも華やかなイメージがありますが

実際はつらいことだって多分にあるはずです。

その心の奥底にある正直な気持ちを曲にしたように感じました。

西野さんの服にはパイナップルが描かれていて

歌っている場所もカーテンがパイナップルの葉に見立てて、

さらに床にはパイナップルを輪切りにした絵が描かれています。

夏でもないのにパインが出てくる時点で変な感じがしたんです。

思うに、心の中心は満たされず空っぽな状態を表しているんじゃないですかね?

もちろん加工する前は中心には芯がありますが

その芯が失われている様を表現していると思います。

あまりにも妄想じみた解釈で申し訳ないんですが

自分ではそう考えてしまいました!!

 

この記事を読んだ方はこちらの記事も読んでいます!

Flower・MOON JELLYFISHの歌詞と意味&解釈!



西野カナ「Dear BRIDE」の歌詞の意味と解釈は?【PV】



 


Sponsored Link

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ